Egypt 7000年の悠久の時の流れにひたる・エジプトの旅

2002年、夏の旅先は「7000年の悠久の時の流れにひたる・エジプトの旅」
紀元前の類いまれな文化と雄大なナイル川を望む大地に抱かれた神秘的な都市です。
さわやかで心地よくフィットするぬくもりとロマンティックな感性を、旅に街に新鮮なカタチでお届けします。

 
クフ王のピラミッド クフ王のピラミッド

エジプトといえば最も有名なのがピラミッド。
中でもギザの三大ピラミッドは 世界最大の高さを誇るクフ王のピラミッドがあります。
紀元前2500年の昔、古代エジプトで 誰が何のために どうやって 作ったのか、いまだにそのすべては明らかになっていません。悠久の歴史を感じさせる圧倒的なパワーを感じますよね。この写真は、オベロイホテルから見たクフ王のピラミッドです。

 
ルクソールの壁画

古代エジプトの生活をしのばせる、数々の壁画が、ほんとうに美しくピラミッドの内部には残っています。その中でも 王家の谷と呼ばれるルクソールには、たくさんのお墓があり、壁画も豊富です。この写真は、ルクソール 王家の谷 デイル・エル・メディーナにある センネジェムの墓のもの。センネジェム夫妻は墓地の神官だったそうです。壁画のひとつひとつが 死から生への再生を信じ、来世での幸福を願ったエジプト人の心情を映し出しています。それにしても 古代エジプトの女性は美人ですね。

ルクソールの壁画
 
砂漠のらくだ 砂漠のらくだ

エジプトといえばらくだ。月の砂漠のイメージ。
砂漠の民にとって らくだは生活を支える友。今でも 週に一度、ダラウの村では らくだ市が行われ 数百頭のらくだが売買されるそうです。おだやかそうに見えて 意外に獰猛なんですって。
ピラミッド散策には 観光用のらくだも待ち受けています。約10分で10LE(390円)程度が目安だそう。乗り心地はどうでしょうね?

 

写真提供:エジプト大使館 エジプト観光局

 

 HAVE A NICE TRIP ホームへ