目指す理想のライフスタイルが発見できるファッションの都…ミラノの旅

2003年秋の旅先は
目指す理想のライフスタイルが発見できるファッションの都…ミラノの旅

 
ドウオモドウオモ

まさにミラノのシンボル。ミラノの中心に位置する大聖堂です。135本もの尖塔が特徴的な壮麗なゴシック建築。完成は1813年。中世という時代は、天国へ神へと近づこうとした時代。だから こんなにたくさんの尖塔が天を突き刺すように高く高く伸びているんですね。建物の中に入ると美しいステンドグラスが目に入ります。屋上へはエレベーターを使って登ることができるそう。屋上からはアルプスの山並みが見えるそうですよ。クラシックが現代にそのまま息づくミラノならではの美しさです。

 
エマニュエル通りエマニュエル通り

ドウオモ広場に入り口が面した ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリアは、鉄とガラスで作られた大きなアーケードのある商店街です。老舗のカフェやブティック・レストランなどが並び、昔から変わらぬ優雅なムードが漂います。これもまた19世紀末に作られたもので、世界一と言われています。ドウオモとスカラ広場を結ぶアーケードは、人の流れが絶えることがないミラノの名所です。

 
ミラノスカラ座ミラノスカラ座

ミラノファッションとともに世界的に名をはせるのがスカラ座のオペラ。サンタ・マリア・デッラ・スカラ聖堂の跡地に建てられたことから この名前がつきました。ハプスブルク家のマリア・テレジアの下命により1778年に設立されて以来、多くのオペラの初演が行われてきました。1943年に空襲で消失しましたが、オリジナルの設計図が残っていたため忠実に復元されたそうです。ここで新しいものをつくり直さないところが、歴史を大事にするヨーロッパならではですね。残念ながら現在は改修工事中。04年12月までは休館中です。スカラ座の雰囲気を味わいたいなら、ミラノ中央駅周辺にある「ゴールデンチューリップグランドホテル ヴェルディ」がおすすめ。館内すべてスカラ座をイメージした内装デザインになっているそうですよ。

 

写真提供イタリア政府観光局(E.N.I.T.)